身近な心理学〜新しいビジネスの提案

印象を強く残す方法〜【親近化効果】

◆メリットとデメリット◆
 
世の中に存在している物は、ほぼ全てにメリットとデメリットがあると思います。【商品を紹介したい時】や【自己紹介をしたい時】に良いところ(メリット)ばかりを強調されてもあまり信用を感じられません。

 

相手との信頼を構築したいと考えるなら、必ず片面提示だけでなく両面提示をしなくてはいけません。
全ての真実(メリットとデメリット)を曝け出さなくては、共感を得ることはできないのです。

 

『でも、デメリットを伝えたら余計信用なくなっちゃうんじゃないの?( ´ `)』
このような声がちらほら聞こえてきましたね。

 

 

しかし、営業や自己紹介等で、メリットとデメリットをしっかり伝えることができる人が、相手のハートを鷲掴みにして、本当の信頼を得ることができるのです!!

 

情報を伝える際に、後から言われたことが印象に残り、その印象に心が誘導される効果を
【親近化効果】と呼びます。
 
【両面提示】をして、メリットデメリットを伝えなければならない場合に役立つ心理学こそが
【親近化効果】なのです。

 

『終わり良ければすべて良し』なんて言葉があるのは知っていますよね?
【親近化効果】とは、まさにそれです。

 

上記の説明だけでは、説明が不十分かもしれませんので例をあげていきます。

 

※メリット、デメリットが存在する場合や、本当に伝えたい内容を最後に伝えることを意識してください。

 

●1-1 良い例
『あいつはケチだけど、いい奴なんだよな

 

●1-2 悪い例
『あいつはいい奴だけどケチなんだよな

 

●2-1良い例
『こちらの商品は値段は張りますが、機会性能は業界1です!

 

●2-2 悪い例
『こちらの商品は機会性能は業界なのですが、値段が張ります

 

いかがでしょう?印象に残るであろう文字を太文字にしたのでよく分かると思います。比べることができるように良い例と悪い例をあげてみました。(今回は良い印象を与えたい場合を仮定しています)

 

後に言われた内容の方が、頭の中に残って印象付くことが分かると思います。

 

例からも分かるように、《伝えたい内容は必ず最後》に伝えることが重要です。最後に言われた内容で印象が決定されてしまいます。メリット、デメリットを逆に伝えてしまったら印象は最悪だと思ってください。

 

裏技として、ライバルと差をつけたい時には、相手に伝える内容として【ライバルのデメリットを後に話す】こともテクニックの一つとして、頭の中に入れておいてください。

 

ビジネスの場合は【勝つか負けるか】であり、常に上を目指さなければなりません。いつでも強者でいられるように、一つ一つの行動から意識していきましょう。必ず結果が付いてきます。

 

ライバルのデメリットを後に話すことによって貴方が優勢に立つことができます。その後に貴方の話をする際には、メリットを最後に話せば最高の印象を与えることができるでしょう。
※注意※
 
あくまでも、自然に伝えるようにしてください。ライバルをけなすことが良いわけではありませんのでご理解願います。

 

 

【親近化効果】はとても応用が効く心理作用ですので、必ず覚えておいてください。
上手に使いこなして、良い印象を与えましょう!

 

※ここで紹介する【親近化効果】とは

 

●ビジネス
●恋愛
●私生活

 

全てに応用できる非常に大切な心理戦略なので、しっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

異性を口説くマインド@〜【ビジネスと恋愛は同じである】
異性である相手は全く違う価値観があることを今一度考えてみましょう。恋愛をする為のマインドがなければ何事も上手くいきません。
異性を口説くマインドA〜【ビジネスと恋愛は同じである】
異性である相手は全く違う価値観があることを今一度考えてみましょう。恋愛をする為のマインドがなければ何事も上手くいきません。
異性を口説くマインド〜【男性と女性の価値観】
女性と男性。どう考えても答えが同じななずがありません。異性の性質を知ることによって、貴方が何をすればモテるようになるのかが見えてきます。
貴方だけの魅力で口説き落とす方法〜【希少性の原理】
人は限定性に弱いものです。貴方自身に希少性を持たせて異性を虜にしましょう。
限定性を利用してYesを導き出す方法〜【希少性の原理】
お願いごとに希少性を与え、お願い事を聞いてもらいましょう。もう手に入れることができないと思わせることができれば、必ずイエスと答えるでしょう。
浮気を許してもらう方法〜【クーリッジ効果】
新しい女性が男性のやる気を引き出す、クーリッジ効果についてく語っています。
誘導して意図的にイエスを求める方法〜【誤前提暗示】
異性の無意識の領域をコントロールして答えを誘導しましょう。コールドリーディングのテクニックです。
食事を利用して口説き落とす〜【ランチョンテクニック】
好きな人を、デートに誘う時はどこへ誘いますか?遊園地やテーマパーク、映画やボウリングなど、様々な施設がありますが、頻繁に行くとしたらどこでしょうか?

HOME 動画 お問い合わせ