身近な心理学〜新しいビジネスの提案

一瞬で冷静になる方法〜【意識コントロール法】

一瞬で冷静になる方法〜【体感コントロール法】を利用して、体感的に興奮を鎮めることができたら、次に【意識コントロール】も同時に行うことでさらに精神状態が安定してきます。

 

自律神経である《交感神経》が刺激された場合、、一瞬で興奮、または緊張状態に陥ってしまいます。
興奮状態になってしまうと、冷静な思考が失われ正しい判断ができなくなってしまいます。

 

一瞬で冷静になる方法〜【体感コントロール法】を行って冷静さを取り戻し始めても、相手は攻めの姿勢をやめてくるとは限りません。そこで、また混乱してしまったり、興奮状態になってしまっては、相手の思う壺にはまってしまうことでしょう。

 

そこで、冷静になるために有効な手段としてもう一人の自分を作り上げるということを行います。少し表現は難しくなってしまうのですが、自分が言われていることを客観的にとらえることができれば、一瞬で冷静になれるということなのです。

 

意識作用により、自分の精神をコントロールします。もう一人の自分を作り上げることができれば、どんなに相手が貴方を攻めてきても耐え抜くことができます。

何よりも、相手のペースに乗せられないようにすることが大切です。

 

もう一人の自分を作り上げ、客観的に物事をとらえる

もう一人の自分を作り上げることによって、相手からの攻撃をかわしていきましょう!意識作用を行い、興奮状態や緊張などを飛ばすように心がけましょう!!

相手の言っていることを【客観的】にとらえることこそが【意識コントロール法】です。

 

※考え方はとてもシンプルなのですが、いざとなるとかなり難しいです。

 

 

イメージをしてください。がみがみうるさい人です。感情的になって罵声を浴びせてくるような人を…

 

『何回言ったら理解できるんだ!?』
『お前は本当に使えないな!!』
『だからなんでそうなるんだよ!』

 

このように貴方が反省をしているにも関わらず、永遠と罵声を浴びせてきたとします。何度もいいますが、ここで相手に流されてしまってはいけません!!

イメージとしては、もう一人の人間が言われているんだと考えると分かりやすいかと思います。華麗に受け流すことで、相手の勢いを失速させてしまいましょう!

 

興奮して怒り狂っている相手を目の前にした時、貴方は以下のようなスタンスで話を聞くようにしましょう。

 

『この人は怒ることしかできなくてかわいそうな人なんだな…』
『こんなに怒ってばっかりいてこの人は幸せなのかな?』
『きっとストレスが溜まっているんだろうな』

 

このように考えることができるようになれば、貴方の自律神経である《交感神経》が刺激されることはなくなるでしょう。

簡単に説明をしていますが、いざとなると自分の意識をコントロールするということは半端じゃなく難しいです。

 

一言で説明するのであれば、【感情を無にする】ことを意識してください。怒り狂っている相手を目の前にしても微動だにしない姿勢を保つことができる人は本物です。

一流の人達は、周りからの圧力に耐えているのではなく、意識をコントロールすることができるからこそ素晴らしいパフォーマンスを演出することができるのです。

 

また、相手の顔のパーツや、その時の服装などの部分部分を、目を細めて相手からの圧力を批判的に観察していくことも有効な手段と言えます。

 

体感コントロール法と違い、意識のコントロールはとても難しいのですが、この技を究めることができたらいつでも感情をコントロールすることが可能になると思ってください。

 

真に受けて感情を揺さぶられるのではなく、客観的にとらえて、相手に余裕を見せることで相手は必ず焦りを見せてきます。呼吸を整えて体の力を抜けば、落ち着きを取り戻していきます。

 

意識のコントロールを極めて、感情的にならない一流の人間になりましょう。相手を失速させてから冷静な思考で相手を丸め込んでいきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

一瞬で冷静になる方法〜【体感コントロール法】
緊張や興奮してしまって冷静な判断ができないときに、一瞬で冷静になる【体感コントロール法】をご紹介致します。
皆がいるところへ流されてしまう理由〜【バンドワゴン効果】
人は一人では【不安】を抱きます。その不安を取り除いてくれる方法として【他の人がやっているから】と、考えるでしょう。なぜそうなるのか?その心理を解き明かします。
人生を大きく変える〜【自分自身をマインドコントロールする】
社会に洗脳されていることに気づくことができないと、刺激のない平凡な人生で終わってしまいます。その生活を変えることができるのは、まぎれもなく貴方自身です。正しいマインドセットを。

HOME 動画 お問い合わせ